2011年05月16日

【緊急お願い!】三国伝BBW単行本第3巻発売希望!!

さっき、たかの先生のブログを拝見してきました。


コミックス第3巻は、現在のところ発売未定だそうです。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工


なななななんだってーーー!!!
絶対に出ると思っていたのにぃぃぃぃ!!

恐れていたことがついに起こってしまった…。


というわけで、ここをご覧になっている皆様にお願いです。

ケロケロエース編集部に『単行本3巻を出して欲しい!』との要望を出して頂きたいのです!

本誌のアンケートはがきに書いて送るのが一番確実だと思います。

普通の葉書きでも封書でも構いません。
たくさんの声が届けば、編集部も動くのではないかと思います。

本誌じゃなく、単行本で読む(買い揃える)方も大勢いるはずです。
もっともっとたくさんの人に読んでもらいたい!

少しでも可能性があるなら、諦めたくないんです。

どうか皆様、ご協力よろしくお願いします!!


【宛先】 〒102-8078 東京都千代田区富士見2-13-3 角川書店 ケロケロエース編集部
posted by 纏部ますら at 01:11| Comment(6) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

三国伝感想の加筆・修正&続き

今まで書いたのを見返してみたら、文章がいろいろおかしいところがあったので修正〜。

やっぱ深夜に書くもんじゃないな(笑)


あっ、それからケロケロエース5月号分で読者に人気のあったシーン第5位に
翔烈帝になったシーンが選ばれてましたね!
おめでとうございます(*^_^*)

よっし!じゃあ私も三国伝ベストシーン5を・・・・・・と思ったけど
たくさんありすぎて選びきれない;


とりあえず挙げてみると、


・張角達に怒りを燃やす劉備さん
・劉備さん達の新装備への変化
・劉備さんと曹操様の決別
・孫策VS呂布
・孫権の新装備への変化
・孫権VS袁術
・孫尚香からの恋文(←そう思ってんのは自分だけだw)
・アニキの兄貴に会いに行くくだり
・アニキの兄貴VS呂布
・呂布の最期
・イノシシ(笑)
・劉備VS孫権
・ラストバトル
・未来へ向かって走り出す劉備さん
・イノシシ(笑)


まだまだいっぱいあるけどこの辺で。
ってか、児童漫画で恋愛要素を求めるなよ自分…。
だってアニメでやってくれなかったんだもん。

そういえば、こないだ行われたSDガンダムのイベントで、

「アニメでは、劉備と尚香はそういうの(色恋沙汰)無しにしよう(と、最初から決まってた)」

とかなんとか言ってたな。
私の愉しみを返せェェェ


また何かあったら書きますv
posted by 纏部ますら at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

SDガンダム三国伝BBW(漫画版) 感想まとめ

ついにここまで来たかー、ってな感じで。
と、いうわけで感想まとめ…というか、全体通して思った事なんぞを。


とにかく丸っこくてかわいくて、どのキャラも愛らしかったです!
特に、董卓戦が終わった後の劉備さんの笑顔に胸がキュンキュンしたw

なんかあれから自分の中でぐーーんと燃え上がったっていうかなんていうか。
ストーリーもそれ以降からさらにおもしろく感じるようになって。


ストーリーといえば、アニメのコミカライズ&月刊誌という事もあって、
すごく駆け足だったんですが、
それでも要所要所きちんと描いているのがすごいと思いました。

前にも書きましたが、新装備への流れとアニキの兄貴に会いに行く理由付けを
しっかりと描いて下さった事にはとても感激しました!


あと、たかの先生のSDへの愛がいっぱい詰まってると思います!!
私はSDそんなに詳しくないのですが、SD好きな人なら分かるネタが多いんじゃないかと。

それと、漫画では劉備さんがちゃんと活躍してる印象が強いです。やっぱ主人公だもんね。
自分が劉備ファンだっていうのもあって嬉しかった♪
なんでアニメはああなった。


ああすいません、ついついアニメで気に入らなかった部分を…。
でもアニメだって悪い所もあればいい所もありますもんね。

そうだ、漫画でも難点というか、ちょっと気になる部分が。
俯瞰が多い。
いや、演出とか状況説明とかでならそういうのは全然いいんですけど、「えっまた?!」みたいなのが多々あって(笑)
きっとこういう作風というか個性なんだろうなぁと思いましたw
(もちろん私が偉そうに言える立場ではありませんが)

あと、表現?がちょっと分かりにくい部分があるかなぁ…と。
袁紹が倒された時とか、最終回でのバトルで、一つのコマに曹操様と孫権がいて、
曹操「次は劉備、お前の番だ」ってなんで孫権に向かって言ってるんだろうって数分間考え込んでしまった(笑)
背後にいる(はずの)劉備さんに言ってたのか。

ごめん、全部私の読解力がないせいだ。たかの先生は悪くないよ…。

なんかさっきから感想になってない…。もっとこの漫画の素晴らしい所を紹介したかったのに、
むしろ逆にマイナスイメージになってないか不安です(^_^;)

まー、とにかく、
たかの先生にコミカライズ担当してもらえて本当に良かったなと思います。
いい作家さんに出会えて幸せでした!

たかのあつのり先生、いい漫画をありがとうございました。
そして連載お疲れさまでした。
次回作、期待しております!



ところで、たかの先生の昔の作品はどうやったら読めるんだろう…
『パパロボ!』とかよそ様のサイトで好評価だったからぜひ読みたい〜
国会図書館行くしかないかな…
posted by 纏部ますら at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

最終話『強き想い』

ついに迎えた最終回!
まずびっくりしたのが、ケロAの表紙にちゃんと『三国伝最終回!』って書いてあったこと!(笑)
でもって、千邪の封魔師の後にいきなり掲載されていたのにびっくりしましたw

かねては三国伝の特集ページが数ページ、カラーであってその後漫画が続くという掲載順だったのですが、今月号は特集すらありませんでした。(唯一、雑誌の裏表紙に広告が載ってただけ)

まあ、本来なら先月号の時点で終わる予定だったのでしょうが、前回述べたように元々一つの話を分けて掲載しているとの事で、色々大変だったんだろうな〜、と。

さて、その本編はというと最終回というだけあって、内容は濃いわ、見所多いわで、むしろこれを一つの話にまとめようと思ってたのがすごいわ(笑)
二つに分けて正解です。

今回は扉絵がなかった(いきなり戦闘が始まった)ので、なんだかOPのないアニメの最終回を見てるようでした(笑)ほんとに二つにぶった切ったんですね(^_^;)


曹操「予がこの世界を制すれば与えてやろう、永遠の平和を!」

劉備「お前の目指す世界では誰も傷つかないだろう。だけどお前はみんなの心を…笑顔を殺そうとしている!それでは董卓たちのやった事と同じだっ!」
ここの台詞はグッときた。

赤い襟巻きを身に着けて孫権も参戦!熱い決意が全身にみなぎっております〜!かっこいいぞ孫権!

三人の強い想いに応えるかのように玉璽が光り輝き、天玉鎧・弩虎と蒼龍が降臨!ついに三人に天玉鎧が。
熱い台詞とバトルの応酬が続きます。熱い、熱いよ。

曹操様に立ち向かう劉備さんの瞳の中にソウルドライブが!…って言われて気が付いた(笑)
劉備さんもキャプテンみたいに口がぱかって開くんかな…夢に出そう(笑)

劉備「三璃紗に支配者はいらない!!!」
第一話でも同じ様なことを言っていたので、劉備さんの主義主張ははじめから一貫してたんだなぁと。

赤壁の戦いは終わり、その後、孫権は江東の地で轟を建国しました。
孫権がすごく成長したなぁ…って感じで、なんか遠くに感じてしまった。

例えるなら、ずっと応援してたマイナーなバンドが突如ブレイクして一躍有名になり、スターになった途端、遠い存在に思えてしまうアレです(笑)
っていうか周瑜どこいった。

そして翔の国では、平和に暮らす民の姿が───。
たましい〜♪って歌ってるあの子供は一体何?それとあの城のシルエットは???
そしてあのイノシシもついてきた!!!

きっとあのイノシシは天の刃なんですよ(笑)だからついてきたんですよ!w
それかのちの五誇将のひとりだな。関羽に張飛、イノシシ1、イノシシ2、イノシシ3…
趙雲どこいった。

平和を満喫する劉備さんの元へ、関羽と張飛から盗賊が現れたとの知らせが!
張飛がつぶやいてた「えいぶら…?」って何?

怯え出す子供たちを安心させるように、劉備さんは笑顔を向けます。ここのシーンいいなv

そして走り出す劉備さんたち。
未来へと向かっていく劉備さんのあの強い瞳がとても印象的でした。

そしてラストシーンには色の違う2本の薔薇が咲いていました。ってか中華ものに薔薇は合わない。
ほ、ほら中華風な花っていったら、牡丹とか桃とかのイメージなんですよ。
だから薔薇はピンとこないなーと思ってたんですが、あの薔薇はSDGFのリリ姫の薔薇だって言われて納得しましたw

とにもかくにも、最後は希望に満ちあふれた未来が広がっていくような感じで、これぞ児童漫画の王道って感じでとても良かったと思いました。

うん、なんか読後感がいい。すっきりする。


と、いうわけで、次回は感想まとめです!
posted by 纏部ますら at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

第十三話『赤壁の決戦』

ついに決戦の地・赤壁へ!

じいの特攻!
天雷火砲を受けてもまったく無傷な曹操様+天玉鎧・炎鳳!
傷だらけでボロボロの龍帝剣!
敗れる劉備さん!

そして――――
翔烈帝光臨!!

次回、劉備と曹操、宿命の対決の行方は!?



・・・っていうか、今回なんか短…い?

と思っていたら、どうやらもともと一つの話を分けて載せているそうです。
なので今回と次回を合わせてひとつのお話ということに。

次回はとうとう最終回・・・(悲)
ちなみに26日がケロケロエースの発売日なのですが、うちの地域では雑誌は1〜2日遅れて発売されるのでまだ読むことができません。

買えるまで漫画の感想はしばらくお待ちをv
posted by 纏部ますら at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第十二話『守るべきもの』

長坂橋の戦いでは、張飛はよくがんばってたなと思います。俺様のおかげだぜー。
息子の技まで使ってw

江東を戦場にしたくない孫権。劉備さんとの同盟を断ります。
そこで劉備さんは、孫権の言う真の勇気とは何かを確かめさせてほしいと剣を抜きます。

剣を交える二人。

劉備さんは孫権に問いかけます、「お前の守りたいものは何だ?」

孫権は答えます、「オレは家族を守りたい!」

劉備「同じなんだよ…オレたちの守りたいものは」


第六話で曹操様に言っていた、『オレたちは守りたいものが違う』という台詞と見事に対比させてますね。

曹操様とは同じもの(三璃紗の平和)を見ていたはずだけど、進む道が全然違ったり、

反対に孫権とは違う道を歩いていたけど、最終的には同じものを見ていた(辿り着いた)って感じかな。

劉備さんのあの後姿が、扉絵の背中合わせで立っている孫権とも対比させてるんだなぁ。

孫権と劉備さんが同盟を組んだ時に、張飛が後ろから乗っかかってきたのがおもしろかったw
あんな真面目なシーンのあとだから余計にw
劉備さんの目が、まるで眼鏡を外したド近眼の人みたいな目してて笑った。
posted by 纏部ますら at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

第十一話『龍帝散る!?』

張繍&賈詡が再登場。

ところでこの漫画では、劉備さん達はこの二人のことはちゃんと覚えてるんですよね?
き、きっと覚えてるさ。だって忘れたなんて言ってないもん。
でも、逆に言えば覚えてるとも言ってないワケで・・・。
さすがに典韋さんのことは忘れてないよね。ねっ?典韋さーん(涙)

あ、賈詡の「ふはははは」っていう書き文字が好きです。

そしてまさかあのイノシシが出てくるとは思わなかったなw

イノシシでやられてる隙に関平を救出し、劉備さんの攻撃!
そして張繍さん真っ二つ!!あわわわわ・・・((+_+))

編み笠をかぶった謎の男が再び登場。なんか、ハッチャンというのが元ネタらしいのですが…ハッチャンって誰?
つーか、張飛がまたオッサン呼ばわりしてて笑ったw

謎の男の正体は”伏竜”こと孔明。探し求めていた人物でした。
孔明がせつせつと語り出すのですが、ずいぶんと前から劉備さんの行動を監視…じゃなくて見続けてきたようです。ここにきてストーカー疑惑が浮上してまいりました(笑)
だって黄巾賊との戦いの場面まで出てるし…いったいいつから見てたんだw

かなりシリアスなシーンの後で、張飛が劉備さんと孔明をばしばし叩いてるのがおもしろかった!
その後のコマで、張飛が頭にタンコブ作ってたから、多分劉備さんに殴られたんだろうな(笑)

曹操様と劉備さんが戦う最中で、関羽が帰って参りました。
劉備さんと張飛がすごく喜んでたのでこっちも嬉しくなってきましたv
やっぱ三兄弟は一緒にいなくちゃね〜!
posted by 纏部ますら at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第十話『曹操覚醒』

実はこの回から本誌を買うようになりまして(2011年2月号)
それというのも、三国伝のゲームの隠し武器のパスワードが載ってたからなんですね。

この時はまだコミックスの2巻が発売されていなかったので、
本誌で官渡の戦いまで話が進んでいたとは知りませんでした。

ちなみに、その後発売されたコミックスの2巻が第九話までの収録だったので、ちょうど途切れることなく続きが読めてよかったです〜。

さて、前述したとおり官渡の戦いの話だったのですが、いきなり劉備さんが顔良・文醜を倒していたのにびっくりしました!
そして真っ二つにしていたのでさらにびっくりでした(+_+)あわわ…。

曹操様が袁紹に向かって、「だからお前は愚か者なのだ!!」
と言った時はGガン思い出してしまった(笑)袁紹の中の人が師匠だしw
だからお前は阿呆なのだ〜

曹操様の攻撃を避けるため、部下を身代りにする袁紹。
それに対して怒る曹操様。
あ、やっぱこの人は部下大事にする人だ。っていうより、袁紹の卑怯なやり方に対して許せない感じかも。

曹操様は天玉鎧を呼び出し、袁紹を倒します。

郭嘉「曹操様が勝った先生!」

ね!!”ね”ってなんだよw
しかも『う゛ぁさーっ』って喜んでてうっかりかわいいとか思っちまったじゃねーか!(笑)
まさか不覚にも郭嘉をかわいいと思ってしまう日が来るとは(笑)
これはまさしく孔明の罠ならぬ、たかの先生の罠!w

そういえば司馬懿の持っているG記に書いてある文字なんですが…。

じーっと見てたら、あれ?これ、ひらがなじゃ…?と思って、
本を逆さにして、さらに鏡で反転させてみたところ…(○はちょっと判読できなかった箇所です)

ぶ○○くどらごんをたおしたければ
ふたつのいしをあわせ
そのことばにみみをかたむ○みよ

って書いてあるんですが、これってどういう意味!!??

天玉鎧を纏った曹操様をぽつねんと見つめる呂布を見て、思った事がひとつ。

ああ、なんか呂布って子供みたいな奴なんだなぁって。
まるで玩具が欲しいとねだる子供みたいに。
強い奴と戦いたい、戦いたい、でも満たされない、つまらない、強い奴が現れてほしい、みたいな。

どんなに願っても叶わなかった”それ”が今、やっと目の前にきた───。
震えるほど嬉しいかもしれない。

そして貂蝉がめちゃかわいいですv
最期の時、呂布に寄り添ってんのがまたいいですv

袁紹も呂布も倒してしまった曹操様。
前々から言われてるけど、曹操軍は曹操様ひとりいれば兵士も軍師もいらないなホント。
posted by 纏部ますら at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

第九話『無念!公孫瓚』

アニキの兄貴最高。
今回はまさにそれに尽きる。もう、扉絵の時点でかっこいいです公孫瓚の兄貴。

呂布との戦いも熱かったし、剣を床に置いて降伏するシーンにはしびれました。

だから・・・だから泣くわもぅ・・・。分かってたことだけども・・・。

矢に貫かれてしまった所は本当に悲しかったです。



そういえば今回は編み笠かぶった謎の男が登場。張飛はオッサン呼ばわりしてましたが、そんなに老けて見えたのか?w
趙雲の泣き顔もかわいかった。
posted by 纏部ますら at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第八話『恐怖の袁紹』

袁術は倒され、劉備さんは領民たちに頼まれて再び徐州の地へと戻ってきました。
そして劉備さんはこう考えていました。

劉備「いつ誰が襲ってくるか分からないぞ!!せめてこの徐州を守れるだけの力が必要だ!!」

ちゃんと分かってるじゃないか〜!それで修行に励んでるのか、、、ってか冒頭のアレはその為の修行だったのか!

そんな劉備さんになんと尚香たんから手紙が届きました!
上のコマの燃え上がってる劉備さんに対して、下のコマのかわいい尚香たんがなんだか好対照だv

孫尚香『劉備様お元気ですか?』

さっ、様付きですとーー!!尚香たんは劉備”様”って呼んでんのか!!

さて手紙の内容はというと、孫権たちが江東へ帰ってからの出来事(呂蒙・甘寧の参入、強襲水軍の設立)が書かれておりました。
孫権が意外と元気そうなので安心しましたv
ってかなんで陸遜は城の天守閣から飛び出してきてんのか誰か教えてくれ。

それにしても、ストーリーを手紙を使って説明するというのはうまい手だと思いました。
このコマも、手紙の上に描かれてるんですよね〜v

劉備「恋文ではなかったか…」
何言ってんですか劉備さん!これは恋文ですよ!!!
そうじゃなかったら、誰が住所不定無職無位無官のヤツに手紙なんか出すんですか(笑)
あっ、今は徐州太守か。じゃなきゃただの近況報告、、、ってかただの自慢話?

いやね、アニメで劉備と尚香がぜんっぜん絡まないから、なんか手紙きただけで舞い上がっちゃったよ私が。

誰もが力をつけ始めている中、どうすればいいのか悩む劉備さん。そこで公孫瓚の兄貴に相談するため幽州へ向かいます。
そうなのよ、ここなのよ!!問題を解決するためにアニキの兄貴に会いに行くっていう理由付けがちゃんとあるのが素晴らしい。
ほんとにこの漫画のいいところです。
アニメじゃ何のために会いに行ったのよ、、、っていうか問題意識すらなさそう…。

久し振りの再会を喜んだのもつかの間…なんと袁紹が幽州に侵攻してきました。
百万の兵士が集まって黒い龍に・・・ってかこれなんか元ネタがあるそうなんですがよく分からない〜。

頼みの白馬陣も敗れ、打つ手が無くなったアニキの兄貴。
兵法書を著したという”伏竜”に一縷の望みを託します。
そこで劉備さんは張飛と共に伏竜を、関羽は援軍を頼むために幽州を後にするのでした。
posted by 纏部ますら at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

第七話『猛虎伝承』

袁術討伐のため、劉備たち三人は馬で駆け・・・・・・って張飛だけ乗ってない!(笑)
劉備「どうした遅いぞ」って、劉備さん結構鬼だな(笑)
まぁ、張飛はアニメのEDでもひとり走ってたしなw

そんな劉備さん達より早く寿春の城に到着した孫一族。(ちなみに孫権はまだ初期装備のまま)
策兄が明るい人でよかった!
そしてズサたんはかわいいv

呂布と激しい戦いを繰り広げる孫策。
父の仇を討つため、そして家族を守るため戦う策兄の姿はかっこよかったです。

だが呂布を討ち取ることは叶わず、無念にもこの戦いで命を落としてしまいます。策兄ぃぃぃ!(涙)
泣いている尚香たんもかわいい。

後を託された孫権。その時虎錠刀が光を放ちます。
そして光の中で”何者”かと邂逅し、すると─────猛虎装へとパワーアップ!
あぁもう、劉備さんの時といい、新装備への流れが本当にいいね!!

今まで戦うことに消極的だった孫権は袁術を倒すことを決意。
袁術に父や兄を侮辱され、とうとう怒りを爆発させ天玉鎧を呼び出します。
思わずびっくり顔の周瑜wこれはめずらしいw

こうして孫権は袁術を倒したのでありました。はちみつなめたい。

戦いは終わり、孫権は赤い襟巻きを握り締め、父と兄に心の中で語りかけるのでした。
展開早ェ。
posted by 纏部ますら at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

第六話『信じる道』

劉備さんの治める徐州に侵攻してきた袁術軍。ズサたんかわいいなv

そして紀霊さん、劉備さんにあっさり倒されちゃったんでびっくりしたよw

しかしここで呂布が参戦!強敵・呂布を前にし、民を守りながらの戦いに限界を感じる劉備さん…。

と、そこで危機を救ったのはなんと曹操様。袁術たちは撤退していきました。
ってか炎の表現がちょーっと分かりにくかったかなーっと

ナレーション「曹操はあきらめきれなかったのだ…決別したはずの劉備の『武』が!」
曹操様、アンタまだ諦めてなかったのかよ!

その後、張繍に宛城へと招かれた劉備さんと曹操様。そこでも曹操様の説得工作は続きます。
手までつないで(笑)

いや、あのね、曹操様は真面目なんだよ!
だから手をつなごうが、顔を思いっきり近付けようが、他人から見てもおかしい行動に走ってても、一切気にしたらだめですw

実は袁術とつながっていた張繍。
張繍のしかけた罠によりあやうく殺されそうになるところを、典韋さんが身を挺して助けてくれました。
典韋さーーーーーん!!(涙)

最期まで曹操様を慕い、彼の望む世界を作ってくれと願いながら…。きっと満足だったかもしれません。

んで、ここからの劉備さんと曹操様の考え方の違いっていうのは、ファンの間でも意見が分かれるところなんですよね。

別に曹操様は典韋さんが死んだことを悲しんでないわけじゃないと思うんですよ。

悲しむ前に、戦に勝利しよう、そして仇をうってやろうってことなんじゃないかと。

もちろん劉備さんも分かってはいるんだろうと思いますけどね。
そして力があれば民を守れるっていうことも痛感してる…。

だけど劉備さんが選んだのは違う道だった。

劉備「オレたちは守りたいものが違うんだよ」


ここらへんはアニメより分かりやすかったなと思います。


そして劉備さんたちは新たな旅立ちへ…。
ここで徐州の民を無理矢理連れて行かないのがいいんだよ。
「曹操の国にいたほうが安全だ」って分かってんじゃん!

あ、徐州の民の中にちび馬超がいるー!
posted by 纏部ますら at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第五話『暴風再び』

戦いが終わり、平和な日々を満喫している劉備さん。
その劉備さんの元へ義弟二人が血相変えて走ってきました。
特に関羽、よっぽど急いで走ってきたのか何か吐き出しています。大丈夫か体…。

なんと村が烏丸族に襲撃されていたのです。必死に応戦しますが多勢に無勢、圧倒的に不利な状況です。
そこへ公孫瓚の兄貴と趙雲が駆けつけてきてくれたのです!涙ぐむ劉備。あーもう、ほっとしたんだろうなぁ、公孫瓚のこと頼りにしてるし、すっごく慕ってるんだろうなぁ。

趙雲が「劉備殿、あなたのためならいつでも力になりましょう!」って言ってたけど、こんな風に言わせるほどいつの間にこんなに仲良くなってたんだろうw

仲間との絆を確認し合った劉備さん、その時龍帝剣が一瞬光ったと思ったら、三兄弟と共に光に包まれ・・・・・・なんと新装備へとパワーアップ!!
この新装備への変化の過程がものすごくイイ!!

アニメでは単に着替えただけだったので、なんか残念に思ってしまってたんですが、こちらはストーリー性があってすごくよかった!たかの先生、本当にありがとう!!

見事、蹋頓メッメドーザを打ち倒した劉備さん。
思わず張飛も「劉備!」と呼び捨てで叫ぶほどです(笑)

旅立ちの日、公孫瓚の兄貴が劉備さんに、
「徐州という地に寄るといい。旅の荷物ならそこでそろうハズだ」と言うんですが、この台詞がRPGに出てくるような台詞でなんだか笑ってしまったw
FF7のセフィロス思い出した(笑)

舞台は移り、今度は曹操様が治める都・許昌──。
典韋さんたちがひそひそ話してるのがかわいい〜♪

劉備さんに自分の考えを理解してもらえず、不機嫌だったらしい曹操様。
しかしいつまでも引きずらない!迷いもない!きっぱりと決意するのがいいな。
ある意味まっすぐだなー。

別室では司馬懿と郭嘉が会話中。ってか、郭嘉がすごく普通でほっとした。
いやほら、今まで矢野先生とか津島先生とかの目ん玉グルグルの悪そうな郭嘉がイメージ強かったんで、なんかこれはマトモだなぁと思ってwうーん、これならかわいいと思えるv

その時、城に突然の訪問者が!!それを出迎える曹操様の手前に・・・なんと徐晃がいる!よかった〜〜〜無事だったんだね徐晃たん!でも、二回目に読み直した時に気が付いたのは内緒だ。

曹操様の前に現れた呂布隊。そして呂布と一戦交えることに。このくだりの典韋さんの反応がいちいちかわいいv

結局、曹操様の首を取ることもなく呂布はその場を去ってしまいました。
一方で呂布に傷を負わせられず、自身は肩に傷を作ってしまった曹操様。
他者への憤りなのか、自分への怒りなのか燃え上がっております。

たとえ理解してもらえなくても、戦いに勝利できなくても、絶対くじけないですねこの人!
負けない!メゲない!あきらめない!(それは四六時夢中シンケンジャーw)

この漫画のいいところは、登場人物が決して諦めたりしない、揺るがない信念を持ってるところです!


あっ、なんか今回めちゃくちゃいっぱい書いてしまった。
それだけ今回の話はお気に入りです♪
posted by 纏部ますら at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

第四話『目覚めし神器』

ついに最後の決戦の地、郿宇城へと辿り着いた反董卓連合軍。
趙雲がナチュラルに仲間になってて吹いた(笑)いつの間に…。

徐晃も初登場。兜の目がびっくりしてるのがいい。
弩弓乱射砲を使うことを止めさせようとする徐晃に董卓が…!
ぎゃああああぁぁぁぁぁ!!テレビ徐晃たんがぁぁああ!!!

そして戦いは終わりを告げ、関羽が「今はただ勝利を喜ぼうではないか」と言った後の劉備さんの笑顔がめちゃくちゃかわいかったです!!
あーもう、この笑顔のためだったら三璃紗の平和なんかどうだっていい!とか思ってしまった。我ながら危険思想。
いや、まあ、劉備さんは戦いが終わって三璃紗が平和になることが心底嬉しいみたいだから、やっぱ三璃紗は平和にしなくちゃなー。
posted by 纏部ますら at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

第三話『勇気を継ぐ者』

反董卓連合軍が結成され、今回から孫一族が登場です(あ、曹操軍も)
華雄と切り結ぶ孫権。その背後には尚香たんが。そして孫堅が華雄に必殺技を放ち、見事華雄を討ち取ります。堅パパかっこいいー!

その孫堅の戦いぶりを見て感心する劉備さん。あなたの未来の嫁のお父さんです。挨拶しとけー。

そういえば今回は孫一族だけでなく、李儒や孔明や貂蝉なんかも新キャラたくさん出てきましたね。
ってか貂蝉見た時、何故だか分からないけれども『あさりちゃん』という単語が脳内に浮かんだ。ほんとに何でだ。

posted by 纏部ますら at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

第二話『英雄決起』

冒頭にて黄巾賊の兵士たちを打ち倒す劉備さん。残った奴らもたまらずその場から逃げ出します。

劉備「ま、待て!逃がさないぞ!!」
すっごく殺る気のある劉備さんですね!見逃してやらないのか…

戦闘後にじゃれ合う劉備と張飛を関羽が諌めるのがとてもいいですね。この三人の中でおそらく年長者であろう関羽が、若い二人をしっかり正す…こういうのが見たかったんです。

この後、倒したはずの張角たちが合体し、黄天ジ・オとして三人の前に立ちはだかります。
そして戦いを挑む劉備さんたち……って次のページでもうやられちゃったYO!
ときた先生の風雲豪傑編思い出した(笑)

絶体絶命の中、関羽と張飛にもう一度立ち上がろうぜ!(諦めるな!)って言える、劉備さんのこういうところが好きなんだよなぁ。
そして三位一体を果たし、黄天ジ・オを倒したわけですが二人の変わりっぷりがw(特に張飛)

んで桃園の誓いのシーンとなるわけですが、
「オレたち三人生まれた時は違うけどずっと一緒だぜ!!」っていうこの台詞。

三国志ファンなら誰でも知ってる桃園の誓い『生まれた時は違えども、死すべき時は同じと誓う』を言いかえてるわけですが、
そうだよね、死すべき時は同じ〜=(死ぬまで)ずっと一緒ってことだもんね!
なんで私はこんな簡単なことに今まで気付かなかったんだろ。
まぁ、メインの読者層が子供だから『死すべき時は〜』って言葉がピンとこないのかもしれないが。
とにかく気付かせてくれてありがとう、たかの先生!

その同じ頃、光の都・雒陽では曹操様が董卓を暗殺しようとするも、呂布に阻まれて失敗し、その場は退くものの董卓を討つべく三璃紗全土に檄をとばすのでありました。
展開早ェ。
posted by 纏部ますら at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第一話『英雄登場』

そもそも私が三国伝好きになった経緯をば。

元々、三国志が好きで、三国伝の存在も知ってはいたのですが
「こんなのがあるんだ、ふ〜ん」ぐらいの感じで、長らくその作品に触れる機会がありませんでした。
そして三国伝がアニメ化されるに至り、じゃあちょっと見てみようかなとアニメを見続けているうちにどんどんハマっていってしまいました。

そんなもんで、SDの知識もそんなにない初心者ですがよろしくですっ。


さて、いよいよ始まりました第一話。アニメのコミカライズということでストーリーの流れはアニメ版に沿ってはいますが、漫画オリジナルの要素もあり(登場人物の言動や新装備への流れ、etc...)とにかく楽しめます!
そして絵柄が丸っこくてかわいいですね〜♪

劉備さんがのっけから黄巾賊と戦ってるんですが、劉備さんが怒った時に兜の龍の目も怒ってたのがおもしろかった。細かいなぁw
そして、助けたジムの子供に名前を聞かれる劉備さん。(このジムの子供もかわいいv)

劉備ガンダム「よーく覚えておくんだぜ!俺の名は劉備!!!」
すっごくやる気のある劉備さんですね!いや、やる気があるのはいいことですよー。

その後、龍帝剣に語りかけながらこれまでの旅を振り返り、ふいに公孫瓚の兄貴のことを思い出す劉備さん(何故か顔を赤らめるw)
劉備「ってあれ?なんの話をしてたんだっけ!?」
ちょっと頭の弱い子なのかと一瞬思ってしまった(笑)ふー、まいったぜ。

この直後、張角たちに襲われ、あわやという所で関羽と張飛に助けられるのですが、この戦いで劉備さんが二回もとっ捕まるのはどーなのよ、、、

しかし、やられても諦めずに立ち上がる劉備さんはよかったなと思いました。
戦いの後で、関羽と張飛の旅の目的を知り、はしゃいでしまう劉備さんがかわいかった!
その後張飛に下っ端扱いされてたが(笑)
こうして三人の旅が始まるのでありました〜。


そういや伝説の三侯のシルエットが出てくるんですがこれって元ネタがあるんですか?
posted by 纏部ますら at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まず始めに───

と、いうことでいきなりですが(ほんとに何の前触れもなくいきなりだが;)
毎月ケロケロエースにて連載されている、たかのあつのり先生の『SDガンダム三国伝 ブレイブバトルウォーリアーズ』の感想を書いていこうかと思います。

というのも、私がこの作品を読もうと思ったきっかけが、ネットの書き込みを見たからなのです。
なので私がそうだったように、ここのブログを見てこの漫画を読むきっかけというか、興味を持つ人が少しでも増えてくれたらいいなと思った次第です。
この漫画の良さをうまく伝えられるかどうか分かりませんが、しばらくお付き合い下さいませ。

っていうか、これは後世に残さなきゃいかんと思うのですよー。


SDガンダム三国伝 ブレイブバトルウォーリアーズ (1) (角川コミックス・エース 301-1)
角川書店(角川グループパブリッシング)
たかの あつのり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SDガンダム三国伝 ブレイブバトルウォーリアーズ (1) (角川コミックス・エース 301-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

SDガンダム三国伝 ブレイブバトルウォーリアーズ (2) (角川コミックス・エース 301-2)
角川書店(角川グループパブリッシング)
たかの あつのり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SDガンダム三国伝 ブレイブバトルウォーリアーズ (2) (角川コミックス・エース 301-2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
posted by 纏部ますら at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SDガンダム三国伝BBW(漫画版)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする